業務案内

業務案内

■防水に関する知識・技術ならどこにも負けません!

防水工事・改修工事は現地調査と下地処理が重要です!
いつまでも安全で長持ちする建物にしたいなら、現場経験豊富な当社にお任せください。

まだまだ若い会社ではありますが、他の職人の誰よりもストイックにスキルを身に付けてまいりました。
そのため、たくさんの施工現場に携わってきた分、知識・経験に関しては、どこにも負けません。
防水・外壁補修工事のプロとして、誠実な対応で品質の高い施工を実現いたします。

小さなことからでも喜んで承りますので、どうぞお気軽に当社までご相談ください。

【協力業者様・従業員募集中しています】

ウレタン防水

液体のウレタンを塗ることで、ゴム状の防水層を形成する工事のこと。
不定形材料であるウレタンを使うため、複雑な場所でも簡単・確実に施工ができる優れモノ。

屋上やベランダなど、施工場所を問わず、継ぎ目のない美しい防水層をつくることが可能です。
作業は材料を塗るだけなので、簡単・短工期で改修工事を行うことができる上に、臭いや熱が発生せず、撤去する廃材もでないので、周辺環境にも優しい工事を行うことができます。

もっと見る

改質アスファルト防水

従来のアスファルト防水工事では、ニオイや煙が発生してしまうため、場所を選んで作業をする必要がありました。
そこで、アスファルトに合成樹脂や合成ゴムを混ぜ合わせ、低温下でのシートの強度を高めることによって、アスファルトを窯で溶かす必要がないよう改良されたものを「改質アスファルト防水」と言います。

熱を使用せず作業できるため、煙やニオイの発生を抑えることが可能になりました。
耐久年数も約20年と長く、メンテナンスの頻度を減らしながら、強力に水をシャットアウトすることができます。

もっと見る

シーリング/コーキング工事

サイディングなどの外壁材に見られる、ボード同士のつなぎ目や窓のサッシまわりなど、建物のいたるところの目地部分の隙間を埋めるために使われる、ゴム状の素材がシーリングです。

このシーリングは長い年月が経つにつれて、目地材のやせ・ひび割れといった劣化が見られます。
このような状態を放っておくと、建物に隙間ができてしまうため、構造内部に水が浸入する原因に…。

そういったことにならないためにも、10年に一度はシーリングの打ち替え工事を行いましょう。

もっと見る

外壁補修

外壁のひび割れ・剥がれ、建材のつなぎ目部分にある目地材の割れ・痩せを、そのままにしていませんか?
わずかな隙間でも放っておくと、水が浸み込んでしまい、建物内部のコンクリート・鉄骨に損傷を与えたり、雨漏りを引き起こす原因に。
そうならないためにも、定期的な補修工事は欠かせません。

塗装工事の際に合わせて補修を行うのが一般的ですが、外壁補修だけでも対応しておりますので、どうぞお気軽にご相談ください。

もっと見る

シート防水

シート防水工事とは、塩化ビニール・合成ゴムでつくられた防水シートを接着剤で下地に貼り付ける作業のこと。
接着剤でシートを貼り付けるだけにも関わらず、施工性に優れており、工期も短くできるため、コストを抑えて工事を行うことが可能です。

また、形状がシート状なので、凹凸がある施工箇所・複雑な形状には適しておらず、建物の屋上やマンション・アパートの共用の外廊下や外階段など、比較的広い面積の施工によく使われています。

もっと見る

その他工事

当社では、他にマンションやビルの通路・階段・ベランダ部分に使用されている長尺シートの工事やタイルを使用した建物の外壁補修、建物の外壁塗装にも対応しています。

「マンションの共用部分の階段・廊下がボロボロになってきた…」
「外壁のタイル材がひび割れしている…」
「外壁全体が色あせしている…」
といった症状でお困りでしたら、お気軽に当社までご相談ください。
経験豊富な職人が誠実に対応して、お客様のご要望に適した施工をお届けいたします。

もっと見る