外壁補修

■こまめな外壁補修で、建物の寿命をアップ!

外壁のひび割れ・剥がれ、建材のつなぎ目部分にある目地材の割れ・痩せを、そのままにしていませんか?
わずかな隙間でも放っておくと、水が浸み込んでしまい、建物内部のコンクリート・鉄骨に損傷を与えたり、雨漏りを引き起こす原因に。
そうならないためにも、定期的な補修工事は欠かせません。

塗装工事の際に合わせて補修を行うのが一般的ですが、外壁補修だけでも対応しておりますので、どうぞお気軽にご相談ください。
外壁の状態を正しく見極め、建物にもっとも最適な工事をご提案いたします。

 

■こんな症状はお任せください!

【モルタルの浮き補修】
気温変化や経年劣化により、モルタルやコンクリートの膨張・収縮が起きるため、モルタル層に浮き・剥がれが発生してしまいます。
そのまま放っておくと、剥落事故などにつながる危険がありますので、お早めに修理をご依頼ください。

【ひび割れ補修】
ひび割れには、水分の蒸発により外壁が収縮して生じる乾燥クラックや建物の揺れ・歪みが原因で起こる構造クラックなど、様々な種類があります。
何が原因でひび割れが起きて、ひびの程度はどれくらいなのかを確認してから、その時々で適切な補修を実施するのが最適です。

【ヘアクラック補修】
ヘアクラックとは、幅0.2~0.3mm以下の、細くて深さのないひび割れのことをいいます。
この症状は経年劣化によって、外壁に塗られた塗膜が劣化することが原因です。
ペンキの塗り替えで改善できますので、特別な補修は必要ありませんが、目立つようなら外壁の塗り替えをすることをオススメします。

【欠損部・鉄筋爆裂補修】
鉄部分の錆などによってコンクリートがひび割れたり、欠落しそうな箇所がある場合は、お早めに補修を行いましょう。
そのまま放っておくと、構造全体の欠陥につながり、大きな事故に繋がる危険性があります。
そのような欠損部・爆裂部については、劣化部分をそぎ落とし、防錆処理を施してから、樹脂モルタルで補修します。

【目地材の痩せ・切れ】
サイディングなどで、外壁材同士のつなぎ目部分に見られる「目地材」。
この目地材がやせ・切れ・剥がれが生じている際は、シーリング工事が必要です。

防水工事・雨漏り・改修工事でお困りなら青梅市のエヌケイ防水へ
【代表直通】 090-9979-6857
【事務所】 0428-27-5102
【メール】こちらのフォームよりどうぞ(24時間受付)≫
【対応エリア】 青梅市を中心に神奈川・東京・埼玉エリア

一覧ページに戻る